東京~糸魚川2010年05月24日 10時11分40秒

今年も無事糸魚川まで走れました
先週末の土曜日に、今年で39回目の開催となる東京~糸魚川ファストランに参加してきました。
私は午前5時55分のスタートだったので、三鷹の自宅を午前4時過ぎに出て、スタート地点の高尾山口まで自走で向かいました。途中、信号を避けるため多摩川のサイクリングロードを経由して、甲州街道に出たのですが、高尾山口までは脚を温存しようとのんびり走っていたら、八王子のあたりで既にスタート30分前になってしまい、そこから先は少し急いで移動、なんとかスタート10分前に到着できました。

スタート後は、いつもの通りとにかくマイペースを維持する事とハンガーノックにならないよう、走りながらもこまめに補給を行いながら糸魚川を目指しました。今年は3回目の参加なので、今現在走っている場所が全体のコースのどのあたりなのか、残りの距離がどのくらいなのかを考えつつ、適当にメリハリをつけて走りました。
今年はスタートから甲府あたりまでは薄曇りで、かなり快適でしたが、韮崎あたりから先は陽が出てきて、気温も上昇したので塩尻までの上り区間はかなりきつかったです。また、塩尻~松本間はいつも通り渋滞している車の横をすり抜けるため、結構神経を使いました。
ただし、松本から先の犀川沿いの区間は風もなく、同じペースで走る方数名とご一緒できたので思いの外楽に走れたため、大町から白馬にかけは少しだけペースを上げて走りました。しかし、その分白馬で補給した後の残りの区間は大幅にペースダウンしてしまい、糸魚川にゴールした時には、いっぱいいっぱいの状態でした。

それでも、今年は天気が良いわりには、暑すぎる事もなく、また風の影響も少なかったので、10時間39分と今までで一番少ない時間でゴールできました。来年は、10時間30分を切ることを目標にしたいと思います。

なお、当たり前の事ですが私自身は全ての信号、通行区分を守って走りました。ただし、白馬の手前で1ヶ所だけ二段階右折すべきところで右折してしまったのと、トンネル内工事の交通整理の方の合図が分からずに通過しそうになってしまいましたが、ぎりぎりセーフでした。普段の自転車通勤の際も含め、気をつけなければいけないと思いを新たにしました。