『EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン』の4選手が来社2009年07月06日 18時14分57秒

『EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン』の4選手が来社されました
『EQA・梅丹本舗・グラファイトデザイン』の4選手が来社され今期後半戦に備えチームウエアについての打ち合わせを行いました。

来社されたのは、福島晋一選手、清水都貴選手、増田成幸選手、菊池誠晃選手の4選手。

現在当社が提供しているウエアについて、各自気になる点や改良して欲しい点など、ウエアごとにご意見、ご要望を伺いました。
ヨーロッパで数多くのレースを経験してきている各選手からは、厳しい気象条件のレースでも最大のパフォーマンスを発揮できるようなウエアが欲しいと言ったシビアな要望をお聞きしました。
また、一般のサイクリストの方向けの商品についても貴重なご意見をお寄せいただきました。

当社としては、選手の皆さんがより良いパフォーマンスを発揮するための一助となるようなウエアを提供するべく、今後も改良・改善に取り組んでいきたいと思います。

写真:左から福島晋一選手、菊池誠晃選手、増田成幸選手、清水都貴選手と当社社長の中田

SUBARU自転車部のイベントに参加してきました2009年07月14日 13時52分31秒

五合目にて集合写真
先週の土曜日に、当社のお客様「SUBARU(富士重工業)自転車部」の皆さんと一緒に富士スバルラインを登ってきました。

コースは、先月開催されたMt富士ヒルクライムと同じく富士北麓公園をスタートして富士山有料道路(富士スバルライン)の五合目までの約25km。
数日前の天気予報では、雨の心配もあったのですが当日は時折青空も覗く薄曇りでヒルクライムにはかえって丁度良い位の天気になりました。



スタートはそれぞれペースが同じ位のメンバーが小グループに分かれて、午前8時ごろからばらばらにスタートしていき、五合目のゴール地点で集合となります。
私は午前9時過ぎのうさぎチームと一緒に富士北麓公園を出発、料金所で200円を支払ってから料金所上に集合してスタートとなりました。
ただし、この日は体調が思わしくなくあっと言う間に一人取り残されてしまいました。それでも、なんとか前方にメンバーの姿が見えるぎりぎりの距離でついて行き、へろへろになりながら五合目にたどり着きました。それでも、料金所の上からスタートで時間は1時間25分だったので、先月のMt富士ヒルクライムの時よりは数分ですがタイムの更新ができました。
来週は、筑波サーキットで開催される8時間耐久レースに監視員として参加します。

筑波夏の8耐2009年07月21日 11時40分29秒

最後のパレード走行前、最後尾でほっと一息
7月18日筑波サーキットで開催された「筑波8時間耐久レースinサマー23rd」に春に引き続き監視員として参加してきました。
今回は、WAVE ONEから私(草野)と谷口の2名の参加でしたが、当日の朝私の出発が遅れてしまい、スタート時間ぎりぎりに会場到着となってしまったので、今回も会場でご挨拶できたお客様はほんのわずかとなってしまいました。

レースは春と違って集団内での接触事故や単独での落車事故が非常に多く、頻繁にコース上に救急車が入るような状況でした。
また、事故同様に落下物も多く、事故処理や交通整理等でコース上で止まる事が多かったです。

天候は終日薄曇りで夕方には時折雨粒が落ちてくる事もありましたが、路面が濡れる前には上がってしまいました。しかし、ながらサーキット内の温度計はほぼ終日30度以上を記録していたので、暑さによる集中力の低下なども事故が多かった原因なのだと思います。
なお、今回はレース終了間際に、クランクが外れてしまった参加者の方を発見、私ともう一人の監視員の3人でコースの路肩3/4周ほどをランニングして、最終走者としてゴールしました。

私は結局5間弱で150kmほどの走行でした。
次回12耐にも監視員として参加しますが、今回のように事故が多くないように祈るばかりです。